運転資金の調達に使われる手形貸付のメリットとデメリットを考える

HOME>アーカイブ>ビジネスに必要不可欠な資金調達の基礎知識

長期資金か短期資金か

電卓と書類

ビジネスで必要な資金を調達するときは、資金の性質によって融資の方法を使い分けるのが基本です。設備投資など1年以上の長期間にわたって返済するべき長期資金は、主に証書貸付などの方法を用いて調達します。1年以内に返済できる短期借入として代表的なものには、仕入先への支払いと売掛金回収のタイムラグによって生じる運転資金があります。また従業員へのボーナス支払いや、法人税の納税など特定の時期に発生する出費もこれに含まれます。こうした短期資金を調達するには手形貸付や手形割引、ファクタリングやビジネスローンなどさまざまな方法があり、金利の低さや審査の厳しさで選ぶことが大切です。

金利が安く審査が早い

電卓と書類

手形貸付とは資金調達の必要な企業が、金融機関あての約束手形を振り出して融資を受ける方法です。返済は1年以内に一括で行いますが、繰り上げ返済も可能です。一般に融資の際には、あらかじめ金利を差し引いた額が振り込まれます。手形貸付は短期融資なので、金利が比較的安いというメリットがあります。また審査が早く、最短で当日に融資を受けられるため緊急時にも対応できます。確実に返済できるならば、非常に効率的な融資と言えるでしょう。

高い信用が求められる

電卓と書類

反対に手形貸付のデメリットは、高い信用が求められることです。金融機関との取引実績がない企業が申し込んでも、まず審査に通らないでしょう。過去数年の決算書などから事業内容を詳しく審査され、資金の使途についても尋ねられます。日頃から付き合いの深い金融機関だから、素早い融資が可能になるとも言えます。そのため取引実績の少ない企業が緊急融資を受けたい場合は、審査の早いノンバンクのビジネスローンなどを利用するのが一般的です。

広告募集中