利便性を求める社会に不可欠な電子マネーが普及すると消費者は一段と迅速な行動を後押しされ出しました

多くの行動を短時間で実施できるネット社会

電子マネー

しばらく前から急速にネット社会となり、仕事でも日常生活でも大量の情報が行き交う中から必要な情報を見つけて行動できるようになってきたので便利になりました。お陰で、従来と比較しても比べられないほど、短時間の内に多くの行動を実施できるようになったことは確かです。但し、ものの動きだけでなく、人々の行動が早まってきたので落ち着いて対応できなくなってきた感じが否めません。ちょうどこの時期に日常生活ではスーパーや店舗での買い物あるいは、電車やバスを利用する際に現金の代わりにカードをかざすだけで精算できる電子マネーシステムが現れたわけです。

プリペイド型とポストペイ型の使い分け

決済機

世の中のこうした動きに対応すべく社会の色々な局面で高齢者や障害者までスピーディーに行動しなければならなくなってきました。しかも、交通系の電子マネーは主なものが相互利用できるので1枚持っているだけで全国の電車やバスを利用できます。電子マネーには2種類あり、誰でも希望すれば発行してもらえますが、プリペイド型は事前に一定金額をチャージしておかなければ決済できない単なるカードに過ぎません。また、ポストペイ型もありますが、口座を開設しておく必要があります。

消費税導入で募りだしたイライラ感への対応

POP

この点で、いずれの電子マネーも発行元の一定の制約条件をクリアしなければ口座を開設したくてもできないクレジットカードとは一線を画しています。電子マネーの利用が始まった頃、日常生活では商品やサービスの消費に消費税課税制度が導入されました。すると、切符購入にも買い物にも1円単位の決済が付きまとうようになり、消費者には財布から小銭を出す手間暇でイライラ感が募り出していました。従って、日常生活ではスピーディーな支払いを求める決済が必要になってきたわけです。

数々の導入効果を期待されている決済

クレジットカード

こうした時期に普及しだした電子マネー導入効果は絶大でした。電子マネー決済は何といっても消費者にとって買い物等で多額の現金を持ち歩かなくて済む気楽さが最大の導入効果でしょう。電子マネーが現れなかったら日常生活でお互いに相当イライラした生活を強いられたはずです。なお、最近は電子マネーとクレジッドカードの機能を一体化したカードも現れて、一段と日常生活の利便性が高くなっています。口座を開設済みのクレジットカードを所有していれば商品やサービスを購入した際、引き落としに必要な残高が口座になくても決済できます。但し、決済時に暗証番号かサインが必要ですからクレジットカードは利用者の信用がベースとなっています。電子マネーを利用する際のうれしさは利用するほどにクレジットカードのポイントが増えていくことでしょう。プリペイド型はクレジットチャージにし、ポストペイ型はクレジット支払いするだけで可能です。

広告募集中